Hofner HCT 500/1 LeftHand

商品コード: hofner-hct500-1

Hofner HCT 500/1 LeftHand

税込定価:156,600円
販売価格(税込み):97,200円
ブランド名:
個  数

カゴに入れる



**ヴァイオリンベース久々の入荷!!期間限定特価の今が買い!!

 ヴァイオリンベース専用ストラップが装着可能なネックジョイント、ステイプル・トップ・ピックアップ、ネック・バインディングをフィーチュアし、よりドイツ製モデルのリアリティが追求されたコストパフォーマンスモデル「HCT500/1」。

スケールは本国製同様のショートスケールを採用。工場出荷時はラウンドワウンド弦が張られていますが、お好みでフラットワウンドに張り替えて頂くと、往年のリバープール・サウンドに迫ることもできます。

伝統のホロウボディ内部にセンターブロックを備え、ロック系のサウンドにも対応し得るコンテンポラリーなポテンシャルを秘めている点も特筆です。

・スペック

Body Top: Spruce
Body Side & Back: Flame Maple
Centerblock: Spruce
Neck: Maple/Beech/Maple
Fingerboard: Rosewood (22Fret)
Scale: 30'(76cm)/Nut Width: 42mm
Pickup: Hofner Staple Nickel
Hardware:Chrome-plated
専用ハードケース付属

※製品の特性上、仕上がりの風合いが1本毎に異なります。
※木目・色味はお選び頂けませんので予めご了承ください。

・ヴァイオリンベース専用ハードケースもれなくプレゼント!!

※ケースの仕様は予告なく変更となる場合がございます。

・Hofnerについて

弦楽器工房Anton Schallerにヴァイオリン製作で弟子入りしていた Karl Hofnerによって立ち上げられたHofner社は、1887年にヴァイオリンの販売を開始します。その後、ヴィオラやチェロ、コントラバスなどを加えた生産ラインが軌道に乗り、1930年代にギターの製造をスタートさせる。

ロックの台頭による音楽シーンの劇的な変化でギター市場が急激成長を遂げた1950年代、この時期にHofnerの代名詞とも云える「Violin Bass」が誕生する。1960年代初頭までには、セミアコースティックギターやバリエーション豊かなベースの生産にも着手し、バリエーションを飛躍的に拡張していく。

そして、1961年に一人の若者がハンブルグにある楽器店に立ち寄り、1本のViolin Bassを購入する。彼はその後50年以上にわたりViolin Bassを使用し続け、ヴァイオリンベース人気の立役者となったことは言うまでもありません。

現在日本国内では、ドイツのハーゲナウ工場でハンドメイド製作される上級機種をはじめ、アジアで生産されるコストパフォーマンスモデル(HCT 500/1、IGNITION BASS)をフラッグシップとし、キャリアを問わず幅広い世代のに支持されています。






現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

VR_BANNER


facebook



lefty_twitter


lefty_twitter


ハーモニカ・インストアイベント


サンデートーク


Taniguchi-channel

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ブランドから選ぶ


SSLとは?

このページのTOPへ

レフティギター/ベース、アコーディオンハーモニカ専門店

株式会社谷口楽器
東京都千代田区神田駿河台1丁目8タニグチビル3F・4F
Tel. 03-3291-2711
Fax. 03-3291-5188
営業時間: 平日 AM10:30〜PM7:00
日曜・祝日 AM10:30〜PM6:30
お問い合わせフォーム

東京都公安委員会 第301026105355号

Copyright(C) TANIGUCHI-GAKKi co. All rights reserved.